2013年2月16日土曜日

化粧品と医薬部外品の違いって、何?


乾燥のする季節ですね風

今までの基礎化粧品でいいのか・・・むっ

お店に行って商品を見ると、医薬部外品とか医薬品・化粧品が色々で迷う~叫び

エラフリー~elafry~ ブログ

ということで、調べてみました本


カギ 日本薬事法では、
宝石ブルー化粧品・・・・・・・健康状態の維持
宝石緑医薬部外品・・・疾病の予防・改善
宝石紫医薬品・・・・・・・疾病の診断、治療または予防 カギ

医薬部外品は欧米にはなく、日本独特の制度だそうです。

にきびや皮膚の殺菌消毒などを目的にしようするもの、
薬用石鹸や薬用歯みがきは医薬部外品になります。


  【効能】
宝石ブルー化粧品・・・・・・・特定の配合成分によるものではない
宝石緑医薬部外品・・・有効成分の薬理作用によるもの


  【表示項目】
宝石ブルー化粧品・・・・・・・効能・効果を記載することができない(乾燥からお肌を守ります)
          全成分表示が義務付けされている
宝石緑医薬部外品・・・決められた範囲ならば、効能・効果を記載することができる
          (メラニン生成を抑える。日焼けによるシミ・ソバカスを防ぎます)
          医薬部外品と記載しなければいけない
          全成分表示は義務付けされていない。(指定成分のみの表示)


比べてみていると、化粧品より医薬部外品の方が目的が分かりやすく効果的な印象ですねアップ

でも、全成分表示がされていない分、何が入っているのか分からないところが心配ダウン

医薬部外品は、製造承認申請など手間やコストがかかっている分、
お値段も高いのもしれません¥

一度試して、自分の感覚を信じて自分に合うものを探すのが1番ですねニコニコ




美容健康セミオーダータイプの隠れ家個人サロン 《エラフリー~elafry~》

エラフリー~elafry~ FACEBOOK⇒⇒⇒クリックしてくださいね♪♪♪



0 件のコメント:

コメントを投稿