2014年7月4日金曜日

オリーブオイルによく出てくる、言葉の意味とは?

7月の半額キャンペーン!『小顔・デコルテリンパケア』100分 12,600円⇒6,300円
                                                                                           

オリーブオイルは、今やほとんどの家庭にあるのでは。

お店での説明書きや、お店の人の説明に、
今さら聞けない言葉がたまに出てきますよねあせる

そんな方には、是非この言葉を参考にしてみてくださいねニコニコ

分かる人もわからない人も、知っていれば選びやすいですよ。








ベル『早摘み』



オリーブの実がまだ青いうちから、取って作ったもの。
渋みや辛味が強いのが特徴。

ベル『手摘み』
実を手で摘んだもの。
最も時間がかかり、最高品質の為に実に傷を付けないようにした物。

ベル『ハイスタンダード
産地にこだわらず、品質を保証したもの。
認定機関に認められると、「HS」のマークが付いている。

ベル『昔ながらの伝統製法』
昔ながらの石臼の粉砕機や圧搾機を使用した場合。

ベル『一番搾り』
最初に絞ったもの。(エキストラヴァージンオイル)

ベル『ノンフィルター』
絞ったままで、濾過していないもの。

ベル『ブレンドオイル』
各産地のオリーブオイルを買い付け、ブレンドしたもの。
安く食べやすい味の物が多い。

ベル『有機栽培』
科学肥料や農薬を使わないオリーブで作ったオイル。
認定機関に認められないと、表示はできない。

色々と言葉はありますが、この言葉だけでも少しはオリーブオイルのことが、
わかりやすくなると思いますひらめき電球

この言葉で、オリーブオイルを想像して買ってみるのも楽しいと思いますよ音譜


後は、お好みの味を探してみてくださいねニコニコ





『小顔・デコルテリンパケア』半額キャンペーン!顔・デコルテからデトックス。小顔・首肩コリに♪
大阪市東住吉区プライベートプラセンタエステ《エラフリー》 心とお肌の健康をお届け♡

お顔の健康『顔健マッサージ』首・肩コリ・シワ・タルミ・美白・小顔・リフトアップに効果!

0 件のコメント:

コメントを投稿