2014年5月19日月曜日

気付かないうちに、糖質のとり過ぎ!

モニター募集!『頭皮のタルミ・眼精疲労』1,000円ヘッドマッサージで、美容・健康の近道!
半額キャンペーン♪細胞から活性!『Wパック プラセンタフェイシャル』美肌・美白・小顔へ
積極的なアンチエイジングコース♡美肌・美白・小顔に。100分 12,960円⇒6,480円                
                                                                                           

突然ですが、お砂糖の適性摂取量を、知っていますかはてなマーク

このほど世界保健機関(WHO)が発表した値は、
1日の総カロリー量の5%未満に抑えることだそうです。

5%というと、お砂糖で25gでティースプーン6杯分だそうですよビックリマーク









多いのか少ないのかよくわからない気もしますが、
250mlの甘い清涼飲料水の中には25gの砂糖が含まれているそうです。

そうすると、毎日軽く5%は超えているかも・・・あせる

甘いジュースやお菓子だけでなく、果物にも糖質があるので、
ビタミンCや大事な栄養素が取れる反面、
食べ過ぎると糖質の摂り過ぎになることも・・・叫び

適度な量が健康によいことですが、糖質を摂り過ぎるとこんな事になります。

歯では、虫歯になったり歯周病を招く原因にもなります。

体の面では、狭心症などの心臓の病気や、
血管の病気・内臓脂肪型の肥満などのリスクが高くなります。

砂糖の多く含まれた食品を摂取後は、消化の手間が除かれ、
短時間で吸収されやすくなるため、血糖値が急激に上がります。

こうした変化は、肝臓や膵臓などにダメージを及ぼす可能性も高くなります。

糖質の摂取は大事なエネルギー源として欠かせないですが、
摂り過ぎると色んなリスクが高くなりますねガーン

料理でも糖質が含まれているので、出来れば甘いお菓子や食品は、
食べないほうが体にはいいようですビックリマーク

今から、お菓子禁止、と言いたいところですが・・・あせる

急にやめるのはつらいので、少しずつですねべーっだ!







半額!『Wパック プラセンタフェイシャル』炭酸パックで始まり、パックで終わる贅沢コース♡詳細はコチラ

0 件のコメント:

コメントを投稿