2014年5月15日木曜日

アレルギー症状は、油の影響もある!?

1,000円モニター募集!『頭皮のタルミ・眼精疲労』ヘッドマッサージで、美容・健康の近道!
半額キャンペーン細胞から活性!『Wパック プラセンタフェイシャル』積極的にアンチエイジング♡美肌・美白・小顔へ
                                                                                           

前に、油によってお肌の状況も変わることをお伝えしましたが、
油によって、アレルギーも影響するようですダウン

リノール酸はセラミドの成分なので、
お肌の水分量を補ってくれるものです。

お肌に塗っているだけなら影響はありませんが、
食事などで体に入る場合、リノール酸を摂取し過ぎると、
アレルギーの原因にもなるようですあせる










過剰摂取の場合ですが、
少量のアレルゲンでも、アレルギー反応が現れることがあるようです。

その一方で、アレルギー反応を抑制するのは、α-リノレン酸ひらめき電球

この場合は、リノール酸の摂取量を控えて、
α-リノレン酸を摂取量を増やす事が大切だそうです。

一長一短は何にでもありますね目

自分の体質や目的に分けて、使いこなすことが一番大事ですねニコニコ

ちなみに、α-リノレン酸を多く含む油は、ヘンプシードオイルや

ピーカンナッツオイル・ブラックカラントオイル・ローズヒップオイルなどです。





半額キャンペーン!『Wパック プラセンタフェイシャル』炭酸パックで始まり、保湿パックで終わる贅沢コース♡詳細はコチラ

0 件のコメント:

コメントを投稿