2014年2月14日金曜日

免疫力を司っている腸。小腸と大腸の違いは何?

占い無料キャンペーン中!詳しくはコチラへ⇒http://www.elafry.com/campaign
お得な4回セット【炭酸オイルボディーリンパケア】デトックス・疲労回復・脂肪燃焼♪
プラセンタ専門フェイシャル ♡炭酸パック♡ 美肌・美白・美素顔! プライベートサロン《エラフリー》 大阪市東住吉区
                                                                                                                                


最近、腸の調子はどうですかはてなマーク

腸というと、胃腸とまとめられやすい気も。

機能が違うのに、薬も胃腸薬があったり・・・あせる

腸だけでも、かなり重要な臓器ですよ!!

腸美人が健康になる、など腸と健康は密接な関係。

免疫力の70%は腸で作られていたり、腸が健康だと体も元気になるなど、
たくさんの腸情報はありますよね。

腸には、小腸と大腸のことを言うのですが、
この機会に調べてみたいと思いますサーチ










小腸は、
約4~7㍍あり、上部の5分の2は空腸と行って、
絨毛構造が消化・吸収を行います。

残り5分の3は、回腸といい、リンパ小節が集合した腸の最大免疫組織の、
パイエル板が発達しています。

免疫力はこの部分で、発揮しています。

大腸は、
1.5㍍ほどの長さがあり、盲腸・結腸・直腸からなります。

上部では、水と電解質を吸収し、下部では便を作る役割をしています。

小腸は活性系で、大腸は排出系ということですね。

それぞれがそれぞれの役割があり、それが正しく機能していることが、
健康を招くことなんでしょうね音譜

それぞれのポジションで頑張る環境を作ることが大事アップ


人間の生き方と同じような気もしますねニコニコ





ispot エステ・占い












0 件のコメント:

コメントを投稿