2013年12月24日火曜日

不眠などに関係している体内時計は、ブルーライト(LED)が原因!?

1ヶ月集中コースで今までと違う体に♡お得な4回セット16,800円【炭酸オイルボディーリンパケア】疲労回復・脂肪燃焼♪
プラセンタ専門フェイシャル ♡炭酸パック♡ 美肌・美白・美素顔! プライベートサロン《エラフリー》 大阪市東住吉区
                                                                                                                                


パソコンやスマートホンは、無くてはならない物になりましたよね携帯

でも、使い過ぎたら、ストレートネックになったり、と問題もあれこれ。

この他にも、体内時計が狂ってくると言われています叫び

パソコンに使われている、ブルーライトが原因パソコン

ブルーライトを使ったLED照明もその一つ。






体内時計をコントロールしているのは、目目

朝の太陽が出るブルーライトから昼間だと判断し、
ブルーライトが減る夕方になると、体が夜だと認識し始めます。

ということは、ブルーライトが体内時間をコントロールしているのです。

LED照明を使った部屋で、遅くまでパソコンをし続けると、
体内時計が狂ってくることになります。

昼夜の区別がつけられなくなり、睡眠不足になったり、
うつ病や肥満・高血圧・糖尿病・などになる可能性もありますダウン

できれば、夜はLED以外の柔らかい黄色い明かりで、
パソコンや携帯電話は控えるほうがいいみたいですねひらめき電球


やることがあれば、朝にした方がいいですねニコニコ





ispot エステ・占い








0 件のコメント:

コメントを投稿