2013年12月25日水曜日

消えるシミと、消えないシミ。何が違うの?

【洗い流さないヘッドスパ】20分⇒2,100円 体の芯からリラックス・シワ・たるみ改善・快眠【大阪東住吉区 《エラフリー》】
                                                                                                                                


夏の日焼けのあと、もうそろそろ消えてきましたかはてなマーク

シミかソバカスかわからないものも、消えましたかはてなマーク

時間が経つと消えるもの、さらに黒くなるものがありますよね叫び







その違いは、こんなことにありましたひらめき電球

私達のお肌は簡単に言うと、表皮と真皮があります。

表皮が上の外側、真皮が下の肌の奥です。

表皮の薄さは0.1~0.3ミリ、真皮は1~3ミリ。

表皮にはターンオーバーがあり、
垢となって皮膚表面から古い角質が剥がれ落ちていきます。

真皮にはターンオーバーがなく、この場所にシミができると、
剥がれ落ちることなくこの場所に居続けます。

表皮にはターンオーバーがあるので、シミが出来ても肌の活性で、
剥がれ落ちていくので、シミが取れやすくなるのですアップ

肌の奥深くの真皮まで届いたケガは、色素沈着を起こすと、
シミのように黒ずんでくるのですダウン

この傷の跡の色素沈着は、消えることがほとんどないので、
ケガをしないこともシミの予防になります。

ニキビが出来ても、肌の奥まで傷がいくと、シミの原因になります。

ですので、ケガをしないようにすることや、新陳代謝を促すことなども、
シミ予防対策になるのです。


日焼け対策も大事ですが、このことも忘れないでいてくださいねニコニコ






ispot エステ・占い











0 件のコメント:

コメントを投稿