2013年10月3日木曜日

快眠のための環境づくり。美容・健康にもいい!

10月キャンペーンデットクスティープレゼント!
プラセンタ専門フェイシャル。美肌・美白・美素顔! 個人サロン《エラフリー~elafry~》
《エラフリー~elafry~》facebookページクリックしてくださいね♪♪♪
                                                                                                                                

暑さも去り、眠りやすい季節がやって来ましたぐぅぐぅ


朝、起きるのがつらい時期でもありますねあせる


質のよい睡眠にするために、チョットした工夫で快適な睡眠に変えてみましょうクラッカー


まずは、部屋の環境作りからです。













・寝るために快適な部屋の温度は、夏で25~28度、冬は18~23度が目安。
 (睡眠中は体温が下がるので、冷やし過ぎには注意)

・エアコンの風は、肌の乾燥や風邪の原因にもなるので、
 直接当たらないようにする。

・部屋の湿度は、50~60%が理想的。

・全く音がしない環境も眠りにくい場合があるので、
 そのときは海の波の音や川のせせらぎなどのゆらぎを含んだリズムを、
 繰り返す自然な音が眠りを誘いやすいとされています。

・寝室の照明は強い光が直接目に入ると、眠りのリズムを崩しやすいので、
 柔らかい間接照明がおすすめ。

・テレビやパソコン・携帯電話などは、早めに切り上げる。

・室内の壁や天井の色は、ベージュ系・グレー系・ブラウン系が目にやさしい。
 (オレンジ・赤・黄色などは興奮作用があり神経を高ぶらせるので、
  寝室には向いていないです)

・カーテンや寝具などは季節によって色を変化すると過ごしやすい寝室に。
 (夏は涼し気な淡いブルー、冬は暖かみのある淡いピンク)


色々とありますが、気になる点があれば、試してくださいねニコニコ

質のよい睡眠は健康面にも大きく影響しますし、
もちろん美容面でも大きな影響がありますアップ


快適な睡眠で、綺麗なお肌にラブラブ






ispot新メニュー









0 件のコメント:

コメントを投稿