2013年5月8日水曜日

タコ・ウオノメ・ホクロは、どう違うの?なに?


足でも圧力がよくかかる所には、皮膚が厚くなりますよね。

人生で初めて出来たのが、ペンダコ。


そんなに、勉強もしていないのに出来てしまったり・・・にひひ


タコとかウオノメとかは、何が違うのだろうはてなマーク


美容と健康と心のバランス 個人サロン《エラフリー~elafry~》ブログ


気になったので、調べてみましたサーチ


ひらめき電球タコは、皮膚の表面の角層と呼ばれる部分が均質に厚く盛り上がり、厚くなった状態です。
指先にできるペンダコが代表的なもので、出来ても痛くないものです。


ひらめき電球ウオノメは、皮膚内部に盛り上がり、芯があり表面が出っ張らないものです。
芯が魚の目のように見えるため、その名がついたそうです。


タコもウオノメも何らかの圧力がかかることで出来ます。


それに比べて、
ホクロは、皮膚の表皮細胞の間に交じっている色素細胞が、一部で集団を作った状態です。


ウオノメは痛いそうなので、早めに治療した方がいいみたいですね病院






人気のプラセンタで、美肌・ハリ・アンチエイジング! 隠れ家サロン 《エラフリー~elafry~》

エラフリー~elafry~ FACEBOOK⇒⇒⇒クリックしてくださいね♪♪♪





0 件のコメント:

コメントを投稿