2013年5月7日火曜日

服の色が健康に与える影響!?


その時の気分や好きな色で服の色を決めますが、
来ている服の色で健康状態にも影響するそうです。


色とりどりの服を着ることは少ないとは思いますが、色の健康に対する影響はこんな感じです。







リボン

生命力とエネルギーをかきたて、疲れて弱っている時に役立つ。貧血や風邪に効果がある。
怒っている時や高血圧・インフルエンザなどの不調の時には避けたほうがよい。


リボンマゼンタ(ピンク)
神経系の働きを促進し、頭痛や風邪を和らげ、心臓の機能を改善する。
自己愛情不足を助長し、不安と孤立感を引き起こすことがある。


リボンオレンジ
創造性を高める。神経系と呼吸器系の働きを促進し、腹部のけいれんの痛みを緩和することがある。
欲求不満や悲しみを感じている時に向かない。吐気を悪化させる。


リボン
インスピレーションと自己表現力を与える。消化不良や関節と体組織の炎症に効果がある。
苛立ちと疲労困憊を招くことがある。自己批判を増大させる。


リボン
情緒を沈めヒーリング全般と体細胞の修復に役立つ。心臓と肺の不調に効果があり、血栓を溶かす。
沈滞・抑圧・嫉妬を引き起こすことがある。


リボンターコイズブルー(青)
緊張を鎮め、生活変化を引き起こす。腫れを軽減し、切り傷や打撲傷を癒し、火傷や頭痛を和らげる。
憂うつな気分の時は避けたほうがよい。元気づける効果はなく、孤立感を強めることがある。


リボン紫・すみれ色
品位と尊敬の念を高める。ホルモンの安定に役立つ。神経痛や精神的ストレスの治療に効果がある。
スタミナ不足の時や、神経が過敏になっている時は避けたほうがよい。


リボン
人生への洞察を与え、全てのレベルで身体を浄化する。痛みを緩和する。
孤立感を増大させることがある。意思決定にはよい効果を与えない。


リボン
自給自足・制御、自己防衛の力をつけるのに役立つ。
憂うつな気分の時や、自己否定的になっている時に他者からの助けを拒ませることがある。


服の色で気分が変われば、良いですよねニコニコ











プラセンタフェイシャル 細胞から綺麗に元気なお肌! 隠れ家サロン 《エラフリー~elafry~》

エラフリー~elafry~ FACEBOOK⇒⇒⇒クリックしてくださいね♪♪♪









0 件のコメント:

コメントを投稿