2013年8月25日日曜日

夏といえば、蝉。でも、本当に短い一生なの?

プレゼントキャンペーン!夏季限定コース!デコルテ美人から始まる夏!
プラセンタ専門フェイシャル。美肌・美白・美素顔! 個人サロン《エラフリー~elafry~》
《エラフリー~elafry~》facebookページクリックしてくださいね♪♪♪
                                                                                                                                


夏といえば、セミを連想しますよねアブラゼミ

鳴き声を聞くだけで、とっても暑くなるぐらいです汗

蝉の一生はとてもはかないと言いますが、本当に一週間で死ぬのでしょうかはてなマーク

ちょっと気になったので、調べてみましたサーチ




蝉の成長は、
卵→幼虫→成虫に変化していきます。

地上の枯れ木などに卵を産み付け、
種類によっては異なりますが、その年の秋から翌年の梅雨時期にはふ化し、
すぐに地中に潜り、地下の生活が始まります家

地中でモグラやケラ・ゴミムシなどに食べられない生活をしながら、
木の根の樹液を吸って成長していきます霧

 

地中で数回脱皮を繰り返し、セミの種類によって変わりますが、
3~17年で地上に出てきますアップ

 

地下から地上に出て羽化する時は、外敵に見つからないように、
夜のうちにすることが多いそうです。

 

地上での命は、およそ1ヶ月程ビックリマーク

 

卵から死ぬまでの寿命を考えると、
昆虫の中ではかなりの寿命の長さになるようですよチョキ

 

地上での命を短いと考えてしまいますが、セミにとっては長い命ですね。

 

今日のように雨で涼しくなると、蝉の鳴き声もあともうちょっと!?

 

蝉が大好きでもないですが、

蝉の事を考えると、ちょっと淋しい気にもなりますねあせる










プラセンタ専門フェイシャル《エラフリー》隠れ家サロン







0 件のコメント:

コメントを投稿