2013年1月28日月曜日

細胞をつなぎ止めている大事なセラミドは、キレイなお肌にとって大事!



前回、角質のバリア機能では健康なお肌の話をしましたが、
そこに深く関わっているのがセラミドですビックリマーク

角質層はレンガとセメントのような構造をしていますが、
角質細胞がレンガでセラミドのような角質細胞間脂質がセメントで、
角質細胞をつなぎとめていますひらめき電球

エラフリー~elafry~ ブログ

なので、セメントの役目のセラミドは減ると、ブロックは崩れてバリア機能も弱まるのですダウン

セメントの役目の角質細胞間脂質はコレステロールのようなものを原料として、
表皮細胞の中で作られていますレンチ

いろいろな脂質が混ざり合って作られていますが、そのうちの40%がセラミドですひらめき電球

残りの60%には、スフィンゴ脂質や遊離脂肪酸などが含まれます。

これらの脂質が水分と結合して、肌の水分を守り外敵の刺激から肌を守っているのですパンチ!

肌表面が白く粉をふいているのは、セラミドなどのセメントの部分が少なくなり、
レンガの角質細胞の一部が剥がれている状態。

そんな時に洗顔などをすると、しみるのはこのような状態になっているからですあせる

このセラミドも、年齢とともに減少してくるので、乾燥しやすくなりますダウン

年齢を重ねると、色んなものが減ってくるのですね叫び





美容健康個人サロン 《エラフリー~elafry~》

エラフリー~elafry~ FACEBOOK⇒⇒⇒クリックしてくださいね♪♪♪

0 件のコメント:

コメントを投稿